スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険板デビュー

2014年10月13日
おはようございます。うにです。


また長い期間放置してしまいました


9月10月と激務続きで、
ブログどころかログイン時間も中々取れない状況でして、
この3連休で久々にゆっくり過ごす時間ができたなというところです。


で、前回の記事の終わりの方に書いたことについて少し触れておきます。


7キャラ中5キャラが所属している一門ですが、
そちらの一門の筆頭さんが課金停止(引退?)されることになりまして。


天馬さん同様、私が復帰した際に多大な手助けをしていただきまして、
また何度もボスにクエにと誘っていただいた方で、
個人的にも非常に残念です


この方との出会いは争覇の中頃でして、
空1ボスか何かの手伝いを野良で募集してて
私が応募したのが始まりです。


最初は1度組んだだけで特別会話をする仲でもなかったのですが、
たまたま拠点としている場所が同じ()で見かけることが多かったことから、
次第に所作をし合うように、また新星の時にはよく対話をいただくようになりました。


※堺の両替。当時は九州や高千穂が主流で堺を拠点にする人が多かった


新星・鳳凰と、その方の一門で開催されるクエによく誘っていただいたので、
昨年一門に入ったときも、ほとんどが一度は名前を見たことあるメンバーで
特に違和感はありませんでしたね。


で、タイトルの話。


私は復帰以降一度も野良徒党には参加してこなかったのですが、
3アカの筆頭が休止されるということで、
一門内だけでは徒党を組むことが少し難しくなってきたこともあり、
先日初めて冒険板を活用して野良徒党に参加してきました。


当然使ったことがない機能でしたから、
最初はドキドキしましたね(笑)
慣れてしまえばなんてことはないのですケド


やっぱり申請・承認するだけで徒党が組めるのは早くていいですね。
昔の赤!を使う募集方法とは集める時間が圧倒的に早いです。


特に道場特務ボスなんて、
掲示板に張り付いていなければ、速攻で埋まるレベルw


私は基本、仏門か鎧鍛冶で参加しますが、
回復や盾でもすぐ埋まると感じるのですから、
アタック職は大変そうですねw


野良ですから、なかなか凄い方と組むことはありますが、
それはそれで一つの楽しみとして、
今後もうまく冒険板を活用できていけたらいいなと思います
スポンサーサイト

でんでん虫一門消滅

2014年09月24日
こんばんは。うにです。


私はプロフ欄にある通り7キャラほど持ってますが、
その内の2キャラを所属させてた一門が今月半ばぐらいに消滅してしまいました

Nol14091200.jpg

元々は天馬さんの一人一門だったのですが、
私が無理やり入り込んだことで、中身二人の一門になりまして。
その後、天馬さんが課金停止して以降、ずっと筆頭不在の状態に。


私は一門がある所属国とは別の大名家に籍を置いていますので、
私のキャラに筆頭が移ることはありませんでしたが、
恐らく課金停止されて半年?経過した今月になってとうとう消滅となりました。


私個人としては、昨年10月に復帰した際、
浦島状態の私に、数えきれないぐらい復帰の手助けをしていただいているので、
非常に残念であり、加えて
とうとうこの日が来てしまったかという思いです。


一門消滅自体は、自身の作った一門も含めば2度目ですが、
私が作った一門は私が課金停止後に消滅していることもあり、
リアルタイムで消滅を体験してしまうのはこれが初めてです。


特に一門としての活動があったわけではありませんが、
なんだかんだで約1年。
やっぱり残念ですね


ちなみに、もう5キャラほどが所属している一門。
こちらでも最近動きがありまして、
こちらに関してはブログのことを話していないので、
あまり詳しい内容は書けませんが、
次の記事で少しだけ触れようかと思います

レジェンド山本昌

2014年09月06日
おはようございます。うにです。


昨夜の中日vs阪神戦。
49歳の山本昌が今季初登板し、5回無失点で見事勝利投手に
最年長勝利記録を始め、様々な最年長系の記録を更新しました。


これには私も大喜び


今季の中日は、8月で一気に崩壊してしまい、
CSも絶望的で、残りはもはや消化試合と言っても過言ではない状態。
来期を見据えた若手育成路線に切り替えていかなければならないにもかかわらず、
相変わらず起用される選手はリリーフ投手以外はベテランばかりで
ここのところは、見る側としてもなかなか楽しみを見出せない試合ばかりでした。


そんな中での昌さんの初先発ということで、
いろんな記録の更新がかかりますし、やっぱり楽しみですよね。


私は早くから一軍昇格を期待していました。
それでなくとも先発陣が崩壊している状態で、
試合序盤からリリーフ投手が出てくる場面を見るのも珍しくない。
どうせ先発が試合つくれないなら、
朝倉だとか川井だとかに投げさすよりも昌さんに投げてもらった方が
まだいいんじゃないかと思ってました。


そして、昨日の試合。
再三ランナーは出してるようでしたが、
併殺だとかでうまく切り抜けてたようで、
結果は5回無失点で降板し、2-0の状態で6回へ。


6回を投げた祖父江もいきなりランナー2人を背負うも、
よく無失点で切り抜けてくれました。


その後の継投ですが、
6-0になっても又吉、福谷という勝ちパターンの投手を起用するあたり、
昨日はナインもベンチも
昌さんに勝ちをつけるんだという強い意志が見られた気がします。


久々に見てて面白いなという試合が見れました。


今季初勝利を挙げたことで、
球団は50歳となる来期の契約にも前向きとのことです。


また一つ昌さんがレジェンドになりました

サーバー統合によりキャラ名が変わる可能性

2014年09月05日
こんばんは。うにです。


昨日、公式の長期計画が更新されたことについて
触れてみましたが、
今朝になって重要なことに気づきました。


それがタイトルの件。


サーバー統合するということは、
同姓同名のキャラが存在した場合に
強制的に名前を変えなければならない可能性があるということです。


前回、サーバー統合したときは、
山吹はどことも合併しなかったため、
個人的には何も影響しませんでしたが、
しかしながら今度のは別。


なにせ、5サーバーが一つになるということで、
もし、サバ内での同姓同名を認めない従来のルールが適用されるならば、
私も正直無関係ではありません。


私の場合は、持ちキャラ7体すべて史実の戦国武将を元に命名しています。
信長の野望というタイトルですから、
私と同じような考えで名づけた人も当然多いハズです。
有名どころの武将ともなると、使われる可能性も高く、
既に使用済みの名前も多いことでしょう。


具体的には、


2ndの柴田権六、4thの蒲生賦秀、7thの陶隆房。
これらの名前に関しては、他のサーバーでも使われてるだろうと思っています。


もし、競合した場合にどうなるのか。


前回合併時は、レベルだったり、
キャラを作成してからの日数?とかだったりで優先度が決まったんでしたかね。


それが今回にも適用されるなら、
一応飛龍から始めてる私には、少し有利にはなるかとは思います。
なんだかんだで鍛冶は作成して10年、古神も8年は経っていますしね。


ただし、武士に関しては正直厳しい。
作成してからの日が浅いこともさることながら、
ぶっちゃけ、道場の雑魚狩りで同姓同名の方をたま~にお見かけするのでw
(真紅の方だったかな。)


もちろん、名前を変えたくないのが正直なところですが、
もうサーバー統合は決定済みのようですし、
重複不可が継続するなら、受け入れるしかないのですが。


ただ、もし2nd鎧鍛冶の名前を変えなければならないとなった時に、
今までのモチベーションが維持できるだろうか。


たぶん、答えは否。


引退という2文字を視野に入れることは間違いないでしょう。


それだけ、


1stの仏門僧もそうですが、この2キャラは私にとっては特別。
信長の野望onlineというゲームを始めるにあたって作った自分の分身達。
なんだかんだで10年です。
所詮DB上の1データだとは言え、やっぱり愛着があります。


仮に名前が変わってしまったら、なり形は同じでも
私にとってはそれは別のもの。
武士はまだ我慢できる。古神もギリギリ大丈夫だと思う。
けど、鎧鍛冶は無理。
モチベーションが維持できるわけがないw


変えずに済めばいいんだけどなぁ~


なんか、最近ネガティブな記事ばかり。。。
イカンイカン

「新たな局面」とは?

2014年09月04日
こんばんは。うにです。


昨日、公式の開発本陣が久々に更新されていたので、
その内容について思ったことを書いてみます。


● 9月...「一文寺まり」の宝くじイベント


まず、宝くじイベントですが、
これはコーエーお得意の餌で釣るバラ撒き系イベントなのかなと。


今年もいつぞやにありましたよね。去年でしたっけ?
富くじイベント。
形式上はギャンブルではあるものの、参加してれば基本は損することはないという、
前回と似たような感じになるのかなと予想してます。


●10月...「決戦前夜”拠点戦”」イベント

今更拠点戦かよ。。。と言う声も聞こえてきそうですが、
個人的にはこれはいいイベントじゃないかなと思います。


拠点戦って、今は腰袋カンスト目指す人か領国銀を集める人ぐらいしか行く人はいないでしょうが、
あれはあれで他にはない良いコンテンツですし、
個人的には腐らせておくのは勿体無いと思っていましたから、
天下分け目の決戦に絡めてきたことは、私は素直に評価したいなと思います。


拠点戦が魅力的なコンテンツに生まれ変わるのか、
それとも報酬で釣るだけの一時的なものになるのか(笑)は、
コーエーの腕の見せ所ですよね。


●11月...「天下分け目の決戦」イベント


私がこのイベントに参加することになれば、鳳凰直前の北条が天下を取った時以来なんですが、
天下分け目自体は今回で何回目なんでしょう?(笑)
鳳凰の章をほぼ休止していたので、全然把握していないのですが


私は普段合戦に行かない人ですし、
前回参加時からも結構な時間が経っているので、
どんなイベントになるのかは全然想像つきません


いずれにしても、
純粋に楽しめるイベントであればいいなと思います。


●12月...新たな局面を迎える?詳細未定。


さてさて、これは何でしょうねw
「新たな局面」というと、捉え方は色々あるかと思いますが、
私が真っ先に思い浮かんだのは、「信長の野望onlineのサービス終了」。


その前に、5サーバーを合併して1つのサーバーにするとか書いてますので、
じゃあなぜ統合するのかと言うと、
ようするに人が減りすぎて、そろそろ採算が取れないだとか、
あるいはPS4発売と同時に実装した乱世サーバーも
思ったほどの新規プレイヤーも取り込めず
今後採算が取れる見込みがないとか
そんなんじゃないかと。


もちろん、現状のプレイヤー数に合わせた運用にすることで、
保守費用だとかそういう部分のコストダウンを狙っているという可能性もあるんですがね。


そういえば、昨年末でしたか、
年間パスポートを販売してました。
そこから1年というと、ちょうどこのコーエーの言う「新たな局面」という時期と重なります。
当時は、


「とりあえずもう1年はサービスが続くんだな」


とか思ってましたが、その1年が終わるのも少しずつ見えてきました。


「新たな局面」というのが、新章実装であれば
最高の結果なのですが、果たしてどうなることやら


信onを楽しんでおられる方にとっては、
ネガティブな見苦しい記事をお見せすることになり、申し訳ありません
 | HOME | Next »

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。