スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーバー統合によりキャラ名が変わる可能性

2014年09月05日
こんばんは。うにです。


昨日、公式の長期計画が更新されたことについて
触れてみましたが、
今朝になって重要なことに気づきました。


それがタイトルの件。


サーバー統合するということは、
同姓同名のキャラが存在した場合に
強制的に名前を変えなければならない可能性があるということです。


前回、サーバー統合したときは、
山吹はどことも合併しなかったため、
個人的には何も影響しませんでしたが、
しかしながら今度のは別。


なにせ、5サーバーが一つになるということで、
もし、サバ内での同姓同名を認めない従来のルールが適用されるならば、
私も正直無関係ではありません。


私の場合は、持ちキャラ7体すべて史実の戦国武将を元に命名しています。
信長の野望というタイトルですから、
私と同じような考えで名づけた人も当然多いハズです。
有名どころの武将ともなると、使われる可能性も高く、
既に使用済みの名前も多いことでしょう。


具体的には、


2ndの柴田権六、4thの蒲生賦秀、7thの陶隆房。
これらの名前に関しては、他のサーバーでも使われてるだろうと思っています。


もし、競合した場合にどうなるのか。


前回合併時は、レベルだったり、
キャラを作成してからの日数?とかだったりで優先度が決まったんでしたかね。


それが今回にも適用されるなら、
一応飛龍から始めてる私には、少し有利にはなるかとは思います。
なんだかんだで鍛冶は作成して10年、古神も8年は経っていますしね。


ただし、武士に関しては正直厳しい。
作成してからの日が浅いこともさることながら、
ぶっちゃけ、道場の雑魚狩りで同姓同名の方をたま~にお見かけするのでw
(真紅の方だったかな。)


もちろん、名前を変えたくないのが正直なところですが、
もうサーバー統合は決定済みのようですし、
重複不可が継続するなら、受け入れるしかないのですが。


ただ、もし2nd鎧鍛冶の名前を変えなければならないとなった時に、
今までのモチベーションが維持できるだろうか。


たぶん、答えは否。


引退という2文字を視野に入れることは間違いないでしょう。


それだけ、


1stの仏門僧もそうですが、この2キャラは私にとっては特別。
信長の野望onlineというゲームを始めるにあたって作った自分の分身達。
なんだかんだで10年です。
所詮DB上の1データだとは言え、やっぱり愛着があります。


仮に名前が変わってしまったら、なり形は同じでも
私にとってはそれは別のもの。
武士はまだ我慢できる。古神もギリギリ大丈夫だと思う。
けど、鎧鍛冶は無理。
モチベーションが維持できるわけがないw


変えずに済めばいいんだけどなぁ~


なんか、最近ネガティブな記事ばかり。。。
イカンイカン
スポンサーサイト

「新たな局面」とは?

2014年09月04日
こんばんは。うにです。


昨日、公式の開発本陣が久々に更新されていたので、
その内容について思ったことを書いてみます。


● 9月...「一文寺まり」の宝くじイベント


まず、宝くじイベントですが、
これはコーエーお得意の餌で釣るバラ撒き系イベントなのかなと。


今年もいつぞやにありましたよね。去年でしたっけ?
富くじイベント。
形式上はギャンブルではあるものの、参加してれば基本は損することはないという、
前回と似たような感じになるのかなと予想してます。


●10月...「決戦前夜”拠点戦”」イベント

今更拠点戦かよ。。。と言う声も聞こえてきそうですが、
個人的にはこれはいいイベントじゃないかなと思います。


拠点戦って、今は腰袋カンスト目指す人か領国銀を集める人ぐらいしか行く人はいないでしょうが、
あれはあれで他にはない良いコンテンツですし、
個人的には腐らせておくのは勿体無いと思っていましたから、
天下分け目の決戦に絡めてきたことは、私は素直に評価したいなと思います。


拠点戦が魅力的なコンテンツに生まれ変わるのか、
それとも報酬で釣るだけの一時的なものになるのか(笑)は、
コーエーの腕の見せ所ですよね。


●11月...「天下分け目の決戦」イベント


私がこのイベントに参加することになれば、鳳凰直前の北条が天下を取った時以来なんですが、
天下分け目自体は今回で何回目なんでしょう?(笑)
鳳凰の章をほぼ休止していたので、全然把握していないのですが


私は普段合戦に行かない人ですし、
前回参加時からも結構な時間が経っているので、
どんなイベントになるのかは全然想像つきません


いずれにしても、
純粋に楽しめるイベントであればいいなと思います。


●12月...新たな局面を迎える?詳細未定。


さてさて、これは何でしょうねw
「新たな局面」というと、捉え方は色々あるかと思いますが、
私が真っ先に思い浮かんだのは、「信長の野望onlineのサービス終了」。


その前に、5サーバーを合併して1つのサーバーにするとか書いてますので、
じゃあなぜ統合するのかと言うと、
ようするに人が減りすぎて、そろそろ採算が取れないだとか、
あるいはPS4発売と同時に実装した乱世サーバーも
思ったほどの新規プレイヤーも取り込めず
今後採算が取れる見込みがないとか
そんなんじゃないかと。


もちろん、現状のプレイヤー数に合わせた運用にすることで、
保守費用だとかそういう部分のコストダウンを狙っているという可能性もあるんですがね。


そういえば、昨年末でしたか、
年間パスポートを販売してました。
そこから1年というと、ちょうどこのコーエーの言う「新たな局面」という時期と重なります。
当時は、


「とりあえずもう1年はサービスが続くんだな」


とか思ってましたが、その1年が終わるのも少しずつ見えてきました。


「新たな局面」というのが、新章実装であれば
最高の結果なのですが、果たしてどうなることやら


信onを楽しんでおられる方にとっては、
ネガティブな見苦しい記事をお見せすることになり、申し訳ありません

新技能雑感

2014年07月06日
おはようございます。うにです。


第四陣にて新技能が追加されることが既に公式にて発表されていますが、
それについて思ったことを軽く書いて見ます。

侍_新技能_20140716
僧_新技能_20140716
神職_新技能_20140716
陰陽師_新技能_20140716
忍者_新技能_20140716
鍛冶屋忍者_新技能_20140716
薬師_新技能_20140716
傾奇_新技能_20140716

まずは、全体的に○○・煌という技能が目立ちます。
技能説明を見るに、士気玉を3つ消費して使う強力な技能という感じのようです。


仏門で言えば、詠唱なし(かつ沈黙状態でも)使える白蓮華プラス解呪1ということで、
準奥義と言っても過言ではなさそうです。


士気玉技能に関しては、
・1つ玉が効果は低いが時間が長い
・5つ玉が効果は高いが時間が短い

という特色があるため、
今までは序盤に1つ玉の技能を使い、勝負どころで5つ玉を使うというのが
よく見られるパターンでしたが、
次の技能実装により、これからは変わってくることは間違いないと思います。


個人的には、士気玉の溜まる速度を考えると
足らなくなるのではと懸念してますがw


いずれにしても、士気玉技能に関しては
徒党員間で連携が不可欠になってきますので、
戦闘前の打ち合わせ等重要になってきそうです。


その他の技能についてですが、


まず仏門。


大日如来大悲慈愛の心・四ということで、
ようやく来た大日の上位(技能名だけですが勝手にそう思ってます)は嬉しいのですが、
目新しい技能というのはないようです。


地味ではありますが、確実な強化ではありますので、
ここは素直に喜びたいと思います。
正直、結界技能はもうお腹いっぱいだったからよかったのかなw


薬師の方を見ると、目立った技能もなさそうですから、
メイン回復としての差は少し縮まったかなというところですね。


次に鎧鍛冶。


矢弾陽動・・・特化"鎧鍛冶"の新技能。敵全体の注意を引き付けます(弓、鉄砲武器所持者に特効)


これも地味に嬉しいですかね。
現状、弓・鉄砲持ちは確実に単体釣りすることが多かったので。
全体釣り技能として、我身鍛造に取って代わるか
それともあくまでも間接武器持ち専用技能になるか
さて、どちらでしょう?


堅牢心得は、なんとなくニコイチ自動発動技能な気がします。
自制心・防戦備え・身魂奮迅・巧技、この辺りのどれかが一つになると勝手に予想してます。


最後に暗殺。


神魔滅殺・弐wwwwwwwwww


実用性があるのかどうかは別として、
こんな古い技能の上位が実装されるとは思わなんだw


私も破天までは主にTDなどでよく使ってましたねw


私は正直ネタじゃないのかと思ってるのですが、
ダメージ次第では使われるようになるのか・・・?


そもそも暗殺って今はアタッカーと言うより、
電光石火を使った痺れと術封じ等のサポ役だという認識ですが。


今のボス戦で2ターンかけて攻撃するとなると
相当のリターンがないとリスクが大きすぎる気がしますね。


軍学でしたっけ?準備を省略できる技能持ってたの。
あれが効果あるならまだ使えるのかな・・・

長期計画更新

2014年04月21日
こんばんは。うにです。


数日前に公式サイトの開発本陣が更新されましたので、
少し思うところを書いていきます。


4月...【春爛漫イベント】【@モバイルアップデート】
5月...【道場クエにTD依頼登場】【軍神に関する機能変更】【乱世サーバーの共通エリア合流】
6月...【11周年記念イベント】
7月...【第四陣実装】



ってな感じらしいですが、
んー・・・

正直なところ内容が薄いなぁと思うのは私だけでしょうか。



春爛漫イベントとか、結局俳句詠んで桜の枝の武器もらう程度のイベントでしょうし、
モバイルなんて課金してる人にしか関係のないアップデートですしね。


拡張らしい拡張は5月に実装予定のTDのやつですかねぇ。


ここまで道場クエに関しては既存ダンジョンの使い回しでやってきましたが、
それが今度はTDになるというだけな感じですが


TDはどこも複雑な構造ですから、
巻き込み戦闘には向かないと思って、特務だけにしたんでしょう。


既存のトライアルダンジョンよりもNPCがパワーアップしているなど、やりごたえが増しています。特別依頼は今後も継続して拡張する予定です。


なんて書いてますが、
結局


新しいボス作るの面倒だから、
既存ダンジョンの使い回しでボス強くするだけアゴッ
もちろん強くするだけだから敵のグラはそのままアゴッ
今後もこの方向性でいくアゴッ


ってことなんでしょどうせ(笑)


6月の11周年記念イベントに関しては、


11周年を記念した、これまでにない全く新しいタイプのイベントを開催する予定です。


って書いてありますので、
少なくとも従来のような東西合戦という形にはしないということでしょうか。
元々私は東西合戦自体あまり積極的に参加する方ではなかったので、
違うタイプのイベントを開催するというのであれば、少し期待したいと思います。


いずれにしても、


四陣までまだ3か月程度ある状況で、
あんまり中身薄っぺらなアップデートばかりだとユーザー離れますよコーエーさん


というか、


山吹は先週の楽市最下位順位が1200位台と、
もう既に深刻な状況なんですが


破天時代の天翔サーバーなんて、
10貫出しても4000位以内に入れないこともあったんですよ。。。
昔の稲葉全盛時代を知っているだけに、
余計に寂しく感じますね

2月アップデート

2014年02月16日
こんばんは。うにです。


2月アップデートが近づいてきました。


今回の主なアップデート内容は、
・軍神の追加
・使いまわしダンジョン第七弾【魔鉱佐渡金山】
・攻城戦に新たな機能
・期間限定イベント【富くじ】



のようです。(公式


軍神と佐渡は置いといて、攻城の新機能


攻城パートを飛ばして、即武将と戦えるようになるそうです。


ブログ界でもちらほら見かけるのですが、
「攻城は自分には合わないから行かない」っていう人もやはり少なからず居るようで、
そういった人達に武将だけでも楽しんでもらおうというところからの機能追加だと思います。


天下夢幻の主なコンテンツは攻城と道場クエだけですから、
攻城に行かないとなると、今後実装する予定のコンテンツだけでは
課金を継続させるのも難しいという思いもあるでしょう。


攻城も現在6城ほど実装され、
通常依頼を突破するだけでも最低18試練はクリアしないといけないわけですが、
現在の最新である春日山城などは軍団がそこそこ育ってないとなかなか厳しいものがありますし、
軍団が育ってる強い徒党に入れない人はある程度軍団経験値を稼いでからでないと先に進めない現状。


しかし、現在報酬面で最初の二条城と春日山では大きく差があり、
(現状、最初の方の通常試練をクリアするメリットがほとんどない)
新規で1から攻城スタートというのも
支援者がいないとなかなか厳しいです。


ボスの弱体ができなくなりますから、
利用する人は限定的でしょうが、
選択肢を増やすという意味でも、この機能追加はGJではないでしょうか。


次に富くじイベントについて。


面倒なので、画像をそのまま貼り付けますが、

富くじ201402その①
富くじ201402その②
富くじ201402その③


1000万貫


夢があっていいですね。


1口10貫だそうです。


もちろん、私も買いますよ
 | HOME | Next »

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。