スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘却第11層へ

2014年05月06日
こんばんは。うにです。


週刊瓦ptがてらで各キャラ少しずつ進めてきた忘却の魔境ですが、
本日、ついに第11層への攻略をスタートしました


10層までは正直、肩慣らしと言うか、
割と手軽に挑戦できるエリアなんですが、
この11層は凶イザボスということで、ここからが本番というか
一気に難易度が上がる感じですね。


私のキャラで今の段階で、10層まで突破しているのは
仏門・鎧鍛冶・殺陣の3キャラですが、
仏門・殺陣の組み合わせだと盾が家臣任せになってしまうこともあり、
10層突破後もなかなかチャレンジしてこなかったんです。
(そもそも盾家臣が1人しか居ない・・・w)


ただ、つい最近鎧鍛冶も10層突破したことにより、
鎧鍛冶と殺陣の2アカというパターンができるようになったため、
上記2キャラで本日挑戦してきました。


鎧鍛冶・殺陣に加え、家臣が刀・能・医・法・暗という構成。


基本的な動きとして、鎧鍛冶はいつもと一緒ですが、
殺陣に関しては一応、物理耐性低下ができる
アタッカーとしてのポジションではあるものの
状況に応じて色々な行動を取ります。


敵の①(析雷や伏雷)等、攻撃力の高い敵が釣り漏れている場合は禁獄~咆哮
薬師家臣の詠唱▲が消されているときは導音~詠花
(詠唱がなければ救護するような設定のため)
その他、陣営技能結界破り1sに刀家臣の白刃双破による蓄積放出
行動のパターンは幅広いです。
忘却では使ってて一番楽しいキャラですね。


家臣に関しては、各キャラPCの動きとほとんど同じですが、
暗殺家臣だけは、紫燕ではなく破紋両断をメインウェポンとさせました


やっぱり一番のダメージソースは殺陣になりますから、
術耐性低下はさせておきたいところです


Nol14050600.jpg


最初は倒せるか結構不安だったんですが、
やってみると案外あっさりと倒せましたw


やっぱりPC盾だと安定感が違いますね。
まだまだこの先も攻略できそうな手ごたえは感じました


また翌週以降もチャレンジしてみようと思います
スポンサーサイト
 | HOME | 

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。