スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔話【イソノック党首とのやり取り】

2010年10月08日
こんにちは。うにです。


今日は、ちと昔話でもしようと思います。
タイトルにもありますが、
まだイソノックが可能だった頃のお話です。


神々の森のボスであるイソタケルをフラグキャラを使ってノックする。
争覇開始から2008年8月半ばに修正が来るまで
耳1ノックと並んで、もっとも募集の多かった徒党と言っても過言ではなかったですよね。
約2年ちょい前なんで、みなさん記憶に新しいかと思います。


私も運がいいことに、イソノックのうま味を味わった人間の一人です。



その日もいつものように、イソノックの募集がありました。
募集職を確認して対話。

うに:『こんにちは。60仏門ですがご一緒させていただけませんか?』

・・・。

・・・・・・。

・・・あれ?

対話したはいいですが、なかなか返信が返ってきません。


イソノックと言えば、潜在・50-15神秘石・お金(艶輝晶・夏姫幻晶等)
全てのうま味が集約されてることもあって、募集があってもすぐ埋まります。


結局、返信がないまま赤!が消えたので、

(あ~、もう埋まったんだろうな~。)

と思い、堺の市司の前でボケーっとしてたんですが、
この後、私にとって驚きの対話がきました。


イソノック党首:「あの、まだでしょうか?」

(え?)

まさか、ここで催促の対話が
驚きましたが、すぐに返信しました。

うに:『へ?返信なかったんで、もう埋まったのかと思ってました。』

そして、数秒の沈黙があった後、

イソノック党首:「ログ見たら、返信したログがしっかり残ってるんですが。」

(はぁ?嘘つけ!)

イソノック党首:「またお願いします。」

うに:『はい、またお願いします。』


私はログインして誰ともチャットしてなかったので、
イソノック党首から返信があったら間違いなく気づきます。
だから、この人が嘘を言ってるのはすぐに分かりました。
私の方のログを見返しても、当然返信対話の履歴なんてあるわけがありません。

(自分が返信しなかったミスは認めず、私が見落としたということで通すつもりか。)

そして、その後知人にでもそのことを話したんでしょうね。
別の方から対話が。
具体的な内容はあんまり覚えてませんが、煽り口調であったのは間違いないです。

別の人:「○○だよね~~w」

別の人:「ミスww」

と、言われたのはよく記憶に残ってます。

--------------------

今回のことは、正直腹が立ちましたが、
逆にこうも思ったんです。

(自分が確認の対話をすればよかったのかな・・・。)

と。
高千穂関連は、2徒党で14人揃えなきゃいけませんし、
普通の徒党に比べて、党首の負担も大きいです。
さらに、人気があるイソノック募集であれば対話も殺到するはず。


確認の対話を交えることなく、
自分で「返信ないからもう埋まった」という結論を出してしまった。
だからこそ、自分にも非があるのは否めません。


今回のことは、腹立たしさを覚えつつ、
後々に冷静になって考えてみると、
党首の大変さというのを再認識しましたし、
徒党に参加する側にも確認することが大事だと分かりましたので、
ある意味、自分にとってプラスになったな~と思いました。


そして、これを機にイソノック徒党に参加することを止めました。
が、この2週間後に修正が入り、イソノック募集は事実上なくなります。


2008年8月の出来事です。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。