スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大音響の応酬

2010年09月20日
こんばんは。うにです。


昨日は、上覧最終日ということで、
見にいってきました。
決して、ネタがないからというわけではありませんw


この日は、割と上位のチームの対戦を見た感じ。
んで、サラサラっと書いていくと、


◆1カード目
----切取り線----(萌黄)vs八重桜ハート(萌黄)
最終日 対戦カード①


沈黙を決めるなど、序盤から----切取り線----優勢な展開に。
最初にvs八重桜ハートの忍者を落とし、蘇生された後も薬師→忍者と落ち着いて落とし開始15分後ぐらいに相手チームが降参して勝利。
そういえば、----切取り線----の忍法は仕込み針で3000出してたなぁ~。
吹き矢と同じようにクリティカルとかあるんでしょうか?
いずれにしても、鉄砲顔負けですねw


◆2カード目
顔文字(萌黄)vs天地創造・瑠朽(萌黄)
最終日 対戦カード②

両チームとも雅楽入り構成でして、
序盤から大音響の応酬となりました。

後半は後光・菩薩の維持が難しく沈黙戦のようになりましたが、
顔文字唯一の回復である仏門が落ちた直後に降参。
天地創造・瑠朽の勝利。

そういえば、どっちか忘れましたが召喚さんが居まして、
婆を出してたんですが、黒呪とかするんですね
これには驚きましたw


◆3カード目
押し出し面(萌黄)vs放浪(萌黄)
最終日 対戦カード③

開始早々に放浪の唯一の回復である薬師が落ちたため、
序盤は押し出し面が優勢に進めていました。

押し出し面は術忍が一度落とされますが、すぐに蘇生。
対する放浪は蘇生ができないため、薬師に続いて鎧が落とされた時点で敗色濃厚に。

ところが、最後の最後で勝敗が分かれました。
もはや、旗当ての一発逆転しか勝利の可能性が残されていない放浪ですが、
低速→大音響と勝負に出て、
音響明け一点突破で陰陽を落としたわけですが、
それが見事に旗でした

最後まで諦めない精神力、
仕掛けたタイミング、旗を見破った勘・集中力、
そして運。

これぞ上覧というか、一位チームの底力なんだな~と感嘆しました。
放浪の勝利。


◆4カード目
(有)天照ぇ?(萌黄)vs魔人軍(紺碧)
最終日 対戦カード④

勝率では放浪にも劣っていない魔人軍
ということで、観てみたんですが、
さすがに強いですね。

仏滅密呪(修)→凶方無卦(仙)→速攻の韻(典)→大音響(雅)
そして、音響明けに一点突破(軍)で一人づつ落とし、
雅楽は黒漆九枚笹軍配を使用して全員に青をつける。
これによって、全体看破・弐をされても緑が残る上に、
気合を消費せず大音響に備えられる。
かなり、統制されてる感じのチームでした。
魔人軍の勝利。


◆5カード目
おかんの野望(山吹)vsぶんぶく茶釜(山吹)
最終日 対戦カード⑤

最後は山吹同士の勝負です。
どちらも軍盾1枚のアタ4ごり押し構成。
おかんの野望:芸仙鉄法、ぶんぶく茶釜:道道法術)

両チームとも序盤からガシガシ落としていき、
最後は眠りの香木で5人中3人寝かせたおかんの野望の勝利。(スタックアイテムのようです。)




んで、これにて観戦終了。
こうやって見ると、上位入賞チームは萌黄サーバーが多いですね~。
山吹や紺碧とはすごく開いた感じ。


んで、この日思ったことは、
やっぱり上位のチームになればなるほど、雅楽と軍学ってのは鉄板ですねw
大音響と一点突破が主軸になってる感じ。
今日見た5試合中4試合がそうでしたね。


あとは仏門でも結構やれそうだったので、
私個人的には、次の個人上覧が楽しみだな~と


まぁ、いずれにしても
出場された方、お疲れ様でした^^

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。