スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全完連打は捨てるべきか?

2010年06月19日
おはようございます。うにです。


6月はだるいですね~。
5月の大型連休が終わった後は、7月の中旬までずっと週5日あるということで、
学生さんにしても社会人さんにしても、一番だるい時期かもしれませんね。


さて、信onの話。
前回の記事で、気合が4800を超えた~
的なことを書いたんですが、

仏門(64)

(おいおい、それ多すぎなんじゃ・・・。)

と思った僧・薬師さん居られるかと思います。
なぜなら、回復職は全体強力回復(全体強力治療)(いわゆる全完
という、気合消費100%の技能があるからです。


覚醒の刻以降に実装された、
いわゆる凶イザ以降のボスは、この全完必須だったので、
(最近は、ある程度のボスまでは上記の限りではありません。)
全完を連発しやすくするために、
多くの回復職は、最大気合を抑え目にしていたわけですよね。


んで、私の場合は、
全完頼みの回復が嫌いだったのと、
仏門自体は、消費気合%は後光とハマコー3ぐらいなもので
消費気合固定の技能が多いですし、

(最大気合は多いに越したことはないッ!)

という強い(イミフなw)信念を持ってて、
周りの流れに逆らって、気合付与していました。
全箇所240-120がベースって感じでしたね^^


ですので、仏門に関しては、
凶イザ以降は、黒雷と伏雷しか終わっておりません。(こんな仏門でよければ誰か誘ってw
やっぱ、気合が多いので対話入れにくいし、
自分で党首するにも、勝てなかった場合のことを考えてしまうので。


まぁ、それでも争覇のときは、

(少なくとも、これ以上気合を増やさない方がいいかな~)

って考えはありまして、
覚醒項目が気合の【大日如来慈恵】を育てるのに躊躇してたんですね。(ついでに言えば【冥利】も)
そう思っていたところに新星で追加された新技能
【双掌冥護】です。
これを初めて使った時の感動といったら、もうねw
技能についてはいまさら説明することもないと思います。


新星以降は、この【双掌冥護】をいかに連打できるようにするか
そう思うようになりました。(特に拠点戦ですね)
これが私の仏門の、これからの育成方針です。
即ち、ガチガチに気合付与して、全完連打は捨てる!


まぁ、仏門さんに関しては、
私のように気合付与する人と、しない人、
はっきり分かれていると思いますが、
今、一番微妙な位置に立たされているのは密教さんだと思います。


6/9のアップデートで、
密教の看板的技能とも言える、【孔雀明王法】の消費気合が固定化されたのは、
皆さん記憶に新しいかと思います。


これが良修正かどうか、
私は密教は持ってませんので、
実際、密教持ちの方がどのように思っておられるかは分かりませんが、
固定化されたからといって、簡単に気合を増やしてしまうと、
今度は全完連打しにくいといった面も出てきます。
難しいところですね~。


全完連打は諦めて、蓮華・孔雀要員として割り切るか、
それとも従来のように、全体蓮華を連発できる最低気合量を確保し、全完連打しやすいよう気合付与を控え目にするか、
まぁ、その選択肢が増えたというところを考えれば、
良修正だったのかなとも思います。


結局のところ、
修正を安易に喜べない最大の原因は、(喜んでた密教さん、すみませんw)
全体強力回復(全体強力治療)なんですよね。


新星になって、最大回復量が固定されたのだから、
ついでに、消費気合量も、
固定化とは言わないまでも、
ある程度の修正はしてほしいというのが、回復職持ちの一人として思うところですね~。


以上、全完依存から脱却したいと願う、うに仏門のつぶやきでした^^



長々とした文章ですみません。
最後まで読んでいただいてありがとうございました^^




蛇足ですが、昨日コメント下さった≪ねこさん≫さんへ
付与は知力と書きましたが、画像も載せてみました。
私の場合、知力に偏りすぎてて、
本当言えば、魅力に割り振った方がいいんですがねw
ちなみに、丹込み(五輪)・ダンジョン潜在込みです^^


本人情報(仏門・64)


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。