スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏門の装備新調 その壱

2011年06月24日
こんばんは。うにです。


以前より買い替えたいと思っていた仏門の装備。
最近、少しずつですが装備を更新していっています。
今回は、袋を買い換えた時のお話です。


現在の装備品の付与は、生気ベースの知力一辺倒装備。
一昔前であれば、これでも十分通用してましたが、
今は魅力依存の回復術もありますし、
知力・魅力のハイブリッド装備が求められる時代。


ということで、最近かなり金策に力を入れておりまして、
普段は手が出せないような高い付与石にも手を出しております。


まず、

知34魅34


知力・魅力ともに34の石を購入。
一応メインキャラの装備なので、妥協はしたくはありませんが、
私の金策能力ではこの辺りが限界
これ以上の石はさすがに手が出せません。
まぁ、楽市にもこれ以上の石はあまり置いていないわけですが。


んで、精錬開始。
理想は知力・魅力W40オーバーでしたが、
現実は、

知38魅38

残念ながら38でストップ。
3回精錬には成功しましたが、
+4→+2→+2 で、
なんとも惜しい石になってしまいました


とは言っても、これを使わないわけにはいかないので、
今度はベース探しになるわけですが、
できれば、最終的に知力魅力両方とも40に届くようにしたい!
(見ため的にw)


まぁ、袋であれば、
後衛用の最初から生命120プラスされたやつがありますし、
防御よりも入魂が重視される箇所ですから、
おまけ入魂がついた袋も数多く出回ってますしね


んで、ここで悩むのがどういうベースに付けるのか。

240-6-6
240-120-6
240-240


(ちなみに、実際には知力や魅力におまけが付いたやつを買うので、上記よりはいいモノになりますが。)

ようは、気合付与をどうするかということですよね。
実際、今の時点でも気合は5000超えてますので、
必要ないと言えばそれまでなんですが、
気合もやり込み要素と考える私にとって、あまり無視できないステでもあります。


ただ、今回のスペックアップの目的は
あくまでも魅力を増やすこと。
それなら、気合など考慮する必要もない気はします。


しかし、
将来的にもっと良い袋にグレードアップする場合、
お古として古神典に渡すことまで考えたら、
気合付与はあった方がいいかなとも思うんですよね。


んで、まぁアレコレと悩みに悩んだ結果、
最終的に、5万貫近辺の袋二つに絞り、
耐久知力にずつおまけの付いた240-120-魅6に決めました。


で、出来上がったのがこちら



新しい袋


とりあえず、個人的には大満足。
欲を言えば、この間実装された新しい装備でかつ
重量軽減がたくさん付いたのが欲しかったですけどw


この袋の更新にかかった費用は、おおよそ60~65万貫。
(内訳:34付与石が知魅ともに25万貫ずつ、袋が5万貫、珠玉・双晶石・宝玉で5万貫~)


今まで240-120-50レベルを装備してきた私にとっては、
すごく大きな買い物だったわけですが、
次に買い揃える予定の武器はもっとかかりそう。
少なくとも100万貫↑は覚悟してます


武器の場合は、
『ウェイトマイナスも欲しい』&『得物はできれば槍』&『新星以降の生産品』
と考えてますし、
袋に比べて流通もイマイチですからねぇ。
240-120(または6)入魂ロスなし&ウェイトマイナスだけでも、相当な値段になりそう。


まぁ、今回の袋の買い物で
一気にお金がなくなりましたし、
またせこせこと金策しつつ、安めな良モノが出回るのを待つとします
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。