スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持ちキャラの初期振り

2011年09月14日
こんばんは。うにです。


信onの世界において、
今後の成長率を決めてしまう最も重要な要素の一つである初期振り。
職によっては、今後進む特化すら左右してしまいますよね。
しかも、そんな重要な要素をキャラ作成時に決めないといけない。
それ故、特に2nd以降のキャラを作る時は、
「失敗したくない」と悩む人も多いと思います。


というわけで、
今日は、私の持ちキャラの初期振りを紹介してみようと思います。
初期振りに悩む方へ、ほんの少しでも参考になれば幸いです。


では、さっそく載せてみます。



【仏門】                     【鎧鍛冶】
仏門の初期振り鎧鍛冶の初期振り
【暗殺】                     【古神典】
暗殺の初期振り古神典の初期振り
【殺陣】                      【武士】
殺陣の初期振り武士の初期振り
【召喚】
陰陽の初期振り

という感じ。
まぁ、画像だけじゃアレなんで、
表にまとめてみます。

 腕力耐久器用さ知力魅力
仏門4102104
410529
暗殺105852
古神典294105
殺陣410583
武士510339
召喚2104104



こうやって見てもらったら分かるかと思いますが、
暗殺以外のキャラは、耐久と知力or魅力に全振りという、
極端な振り方が目立つと思います。
まぁ、私は非アタック職が多いので、
腕力や器用さは必要ないキャラが多い、というのもありますが。


まぁ、けど自分で言うのもアレですが、
割かし最適に近い振り方だと思ってます。


盾2特化に関しては、普通の人はこの振り方でいいでしょうし、(一部、器用振りというのもあるようですが)
仏門や古神典も似たようなもの。
まぁ、仏門なら、
魅力に振るのも十分アリだと思います。


で、


殺陣に関してですが、
私の場合は、将来的に仏門とセットでのボス戦というのを視野に入れてますので、
やはり耐久がメインです。


ただ、
狩り用と割り切ってたり、
あるいはボスでも、喧嘩切りをするつもりであれば
腕力振りというのも有用だと思います。
逆に言うと、暗殺なんてボスを全く考えてないので、
いまだに腕力器用の旧式忍者なんですけどねw


召喚に関しては、
アタッカーということで魅力にも振った方がいいでしょう。
私の召喚はまだ強ボスと戦う域まで達していないので、
とりあえずは、無難に耐久10で様子を見てる感じ。


まぁ、私の場合、
超生命厨ですから、
普通の人に比べて、耐久を重要視する度合いが強いです。
とりあえず、『迷ったら耐久に振っとけ』的な。


この召喚なんかも、今はそんな感じですねw
今後求めるステータスのラインが分かってきたら、
初期振りいじって調整しようと思ってますケド。


まぁ、ダラダラ書くのもアレなんでこのぐらいにしておきます。
最初にも書きましたけど、
少しでも参考になれば幸いですね
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。