スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関ヶ原絵巻N探索 その1

2011年08月04日
こんばんは。うにです。


昨日は、第四陣実装ということで、
早速新ダンジョンの関ヶ原へ行ってきました
戦場や戦闘の音楽が新しいBGMで、
なかなか新鮮でしたね
(ちなみに、参加キャラは鎧鍛冶です。)


この日戦ったのは4体。
戦ったのは、西軍側の武将です。
まず最初は、長宗我部盛親でした。


この武将は、試練達成に関わるNで、
東軍サイド(vs西軍)としては、一番最初のボスですね。

長宗我部盛親1
長宗我部盛親2


上の様な構成です。


この武将に関しては一番最初にふさわしい難易度でした。
注意点を挙げるとするなら、
刀の極みのをしっかり看破すること。
これぐらいですかね。


特別苦労することなく
5→4→3→2→1 の順番でクリア。
そういえば、釣り技能は使ってこなかったようです。


んで、この後一旦ダンジョンの外に出ました。
試練達成で赤ネームNPC黄ネームになるかなと期待した上での退出でしたが、
予想通り大半のNが黄ネームに変わってました。
連続でクエを行う場合は、是非とも一旦出ることをオススメします。


次の武将は、宇喜多秀家
小田原のとは構成がかなり違うようです。

宇喜多秀家1
(職業構成の方はSS取り忘れ


実はこの対戦で、1度負けました。
一番最初に5を落とし、その後も割かし順調でしたが、
1の準備特殊技が通ってしまいまして、
耐性低下の全体乱射技を複数回受けていたこともあって、
1の技で全滅しました


これもそんなに強くはないとは思いますが、
1の準備特殊技。これだけは要注意ですね。
倒した順番は、
5→4→2→3→1でした。
5は生命低いのでオススメです

★--------------------★

少し話変わりますが、
徒党に鉄砲さんがいたので、準備技に対する気合ダメージを見てみると、
土竜で2000ちょい、速射で4000ぐらいでした。
技能修正前は、鉄砲オワタな風潮が漂ってましたが、
今日の数値を見る限り、杞憂なんじゃないかなと思います。
むしろ、土竜の威力は相変わらず凄まじいので、
これからも、メインアタックの座は堅いんじゃないかと
個人的には予想します。

★--------------------★

ホントは、あと2体ほど戦ってますが、
長くなったので、一旦ここまでにします。
続きは本日20時ぐらいの予定です
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。