スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主君八変

2011年08月15日
こんにちは。うにです。


昨日の記事と前後しますが、
一門で甲斐姫救出クエを行う前に、
関ヶ原の対東軍側試練の3つ目、主君八変に挑戦してきました
相手は、藤堂高虎です。


私は、これまた珍しく古神典での参加になりました。

(能楽じゃなくて大丈夫なんだろうか・・・?)

という不安はありましたねぇ


まぁ、戦闘自体は
私と鉄砲さんが一度死んだだけで、
そんなに苦戦することもなく一発クリア


1が術連打してきますが、
1ターン置きに痺れを挟んだら脅威ではないですし、
4~7の傾奇に至っては、
がある状態だと、猛虎舞(鬼舞みたいな技)もスカりまくりですしね


私の動きとしては、
1ターン置き、もしくは連続で詠唱w
『他の行動も挟みたいな』とは思うんですが、
傾奇の猛虎舞がいわゆる5秒バーで、看破バーと同じ。
なので、詠唱以外の行動をとりづらいんですよねw
詠唱を切らすわけにはいかないので。
(何回か切らせましたがw)


んで、まぁ一発クリアで、

主君八変の箱
高虎討取の証

無事、報酬ゲット。
箱の方は残念な中身でしたが、

築城名人の帯

討取の証から帯が!
まぁ、性能見ると大したことなかったので即解体

築城名人の帯を解体

ふむ・・・
多少は、お金になりそうな物が出るようですね。
そういえば、長宗我部盛親を倒した時にも帯が出たんですが、
同じく解体すると、上と同じような中身だったような気がします。
帯解体から出る物は、基本的に全部こんな感じになるでしょうか?




これで、私の所属する一門では
試練の4まで、追加試練は3までクリアということになりました
(知らない間に島左近は倒していたようですwすごいねw)


まぁ、しかし
これ以降は、さすがにガチガチ構成&廃じゃないと無理な領域でしょうか
(追加4の島津義弘?はどうなんでしょ?面倒くさそうではありますが。)


で、この後
昨日の記事で書いたように甲斐姫救出クエにチャレンジしたんですが、
その更にあとに、一門員数人で
とある目的のために再び関ヶ原へ行きました。


まぁ、
長くなったので、続きは次の記事に書きます
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。