スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関ヶ原絵巻N探索 その11

2011年09月20日
こんばんは。うにです。


先ほどの記事の続きで、
一昨日に仏門で関ヶ原青Nptに行ってきた時のお話です。


レベル70以上の武将を、6体倒したと書きましたが、
前記事で書けなかった残りの3体について書いてみます。


★--------------------★

小西行長(Lv72:5体)】

倒した順番:2→3→4→1→5(うろ覚え
獲得pt:450

これもそんなに強いという印象はないです。
前記事で書いた武将達とは違い、
1が薬師なので、
即死級の攻撃をしてくるということもないですしね。


とは言いつつも、
刀鍛冶さんが死にましたw


例の防御力無視の貫通技?の難治撃を使ってくるので、
1を武士さんがしっかり固定することが大事ですね。


★--------------------★

小早川秀包(Lv73:5体)】

倒した順番:1→2→3→5→4
獲得pt:450

1~5体とも、厳島の血戦という技を使ってきて
割かし攻撃が痛いので、
これは少し苦戦したかもですね。


1が闘魂持ちなので、
落とすタイミングがかなり重要になってきそうです。


今回は徒党のみなさん上手かったので、
あっさり一発撃破でした。

★--------------------★

んで、


5武将とも450ptでしたので、
この時点でptが2250。


このあと3体Nに一度絡まれ。
ptが2300になったところで、
一番最後の敵です。


★--------------------★

大久保忠隣(Lv73:6体)】

倒した順番:1→2→3→6→4→5
獲得pt:400

123が鉄砲で456が陰陽という
もの凄く極端な構成ですが、
陰陽が星をしてこないとのことだったので、

(そこまで強くはないんじゃないかなぁ~)

と思ってましたが、


実は、ここが一番苦戦しました


1を追いこむまでは上手くいったんですが、
残りあと少しで落とせるという場面で、
来ました来ましたつるべ撃ち。


やっぱ闘魂つるべは強烈ですね。
これで味方が3人倒れて、
一時、敗色濃厚になりました。


まぁ、スタート地点からそう遠くなかったので、
倒れた人には走ってもらい、私は全体回復連打に専念できたので、
なんとか立て直すことができましたケド。


ここで苦戦しなければ、もう1武将ぐらい行けたかな?
と思いますが、
残念ながら景勝くん、お帰りの時間が来たようです。
大久保終了時に去ってしまわれたので、これにて終了。


ptを見ると、2700だったので、
2300→から2700ということで、
寄合には450と書いてますが、実は400なんじゃないかな?と思います。
(上の絡まれ云々はホントです。)


ってことで、

関ヶ原70↑青N討取の証×6

全部で6つの討取の証をゲッツ!
その中で当たりを引いたのは、

小西の討取の証から・・・。

これだけでした。
懐剣?の改装具のようです。


ってことで、この日新たに6つほど絵巻埋まりまして、

30/66

という状況。
ようやく半分が見えてきました


まだまだお手軽そうなNも何体か居ますので、
これからも引き続き頑張っていきたいですね
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。