スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦、そして来シーズンの話

2011年11月21日
こんばんは。うにです。


つい先ほど、2011年プロ野球の日本シリーズが
ソフトバンクの勝利によって終わりました。


我らがドラゴンズとしては、
7戦までもつれさせる意地は見せましたが、
結局2年連続でシリーズ敗退ということになってしまい、
残念ながら落合監督の有終の美を飾ることはできませんでした。


やっぱりソフトバンクは強かったです。
打力・走力・投手力、そして若手とベテランのバランス、
控え選手の層の厚さ。全てにおいて圧倒的でした。


私も熱狂的中日ファンですけど、
やはり贔屓目に見ても、チーム力としてソフトバンクの方が上だというのは戦前から分かってましたし、
苦しい戦いになるだろうなとは当然思ってました。


ぶっちゃけ、この日本シリーズが
100試合制だとか50試合制だとかなら、絶対負けます。
それだけチーム力、特に打力の差が歴然ですから。


だからこそ、ファンとしては7試合制ということに一縷の望みをかけていたんですよね。
短期決戦なら何が起こるか分かりませんし、
実際、まさかの敵地2連勝スタートでしたから。


敗因を挙げるとするなら、
やはりナゴヤで3連敗してしまったこと。
ここで一つでも勝っておければなぁと、
今更ながらに思ってしまいます


そして、突き詰めれば7試合で9点しか取れなかった打線。
誰か一人が悪いとかじゃなくて、
荒木と小池以外はほとんどみんな打ってないんですよね。


元々今年は極端に打てない打線でしたから、
戦前からこういう展開になるのは分かってましたし、
攻撃の最中でも、打線に関してはあまり多くの期待はしてませんでしたが、
ここまで完璧に抑えられると、やはり応援する側としても悲しくなってしまいます。
まぁ、それだけソフトバンクの投手達が素晴らしかったとも言えるんですけどね。


★----------------------------------------★


さて、2011年のドラゴンズの野球は終わりました。
同時に落合監督が退任し、高木政権が始まることになります。


8年間勝ち続けた結果、選手達の年俸は膨れ上がりました。
しかし、その割には客席に空席が目立つ。
その状況を打破すべく、中日球団は落合監督と契約更新しない方針を決めたわけですが、
球団としては、まずは増えすぎた年俸をなんとかしたい。
そして、客席から離れてしまったファンを呼び戻したい。
恐らくその思いが強いと思います。
推定年俸4億円の落合監督を切ったのも、コーチ陣をほぼOBで固めたのもその表れでしょう。


ぶっちゃけ、中日球団は
「来年は優勝しなくても年俸整理と人気が回復すればいいや」ぐらいに思ってるはずです。


年俸整理に関しては、
ようは年俸の高い主力を使わなければいいわけですから、
若手主体の選手起用をするよう、球団から高木監督にある程度の指示が出るんじゃないかなと。
まぁ、そういう意向を伝えやすいという理由もあっての高木監督という人事でしょうからね。


プロスポーツというのはファンあってのものですし、
最終的にはお金ですから、
球団側の思惑としてはわからなくもないんですが、
OB中心人事、生え抜き選手の偏重起用をした典型的な例が今の広島カープです。
そしてその結果が、14年?だか連続のBクラス。
中日球団が広島と同じようにならなければいいな、と祈るばかりですね。


私なんかは野球経験者だからか、
プロ野球にエンターテインメント性なんてほとんど求めてません。
見るからには真剣勝負を見たい、そしてチームの勝ちが見たい。


『負けても好きな選手が見れたからいいや』とか、
『監督が気のきいたコメントをしてくれたからいいや』とか、
そんなことは絶対にありません。
やっぱ勝負事なんで、勝ってナンボという気持ちが強いんです。


だからこそ、結果を残している落合監督の退任と
その後の監督コーチ人事、そして球団の方針には疑問符がつきます。


来年以降、
違ったチームを見れるかもという楽しみと、
一方で落合監督や森ヘッドが居なくなって弱体化の一途をたどるんじゃないかという不安と、
色んな感情がありますが、
来年も強いドラゴンズであってほしいなと思います


★----------------------------------------★


大分話逸れましたが、
まぁ、日本シリーズお疲れ様です。
落合監督だったこの8年間、強いドラゴンズを見れて幸せでした


そして、ソフトバンクホークス日本一おめでとうございます
スポンサーサイト
Comment
(;ω;)一ドラファン
凄い納得の内容でした;;優勝争いの最中に新人事を発表する、(自称愛のある)球団上層部も、先日の落合夫人との対談で3連覇とか期待しないでというおかしな新監督(気持ちですら優勝する気がないなら監督やらないで><)といい、球団の掲げる観客動員の回復とかには真逆の気が・・・。でもあの打線で勝てるとは正直思ってなかったですけど、7戦までドキドキさせてもらって、一年通して強いドラゴンズが見れました^^これを思い出に来年はサッカーでも見ようかな・・
Re: (;ω;)一ドラファン
くまこうさん、コメントありがとうございます^^

高木新監督が次代への「捨て石」というのは、
ほぼ周知の事実ですし、彼自身もそれが分かっているからこそ

「よし!何が何でも優勝してやろう!」

という思いが弱いのかもしれません。
年齢も年齢ですしねぇ。

あと、観客動員の件ですが、
私個人の考えですが、正直高木監督にスイッチしたことで客足が増えるということは考えづらいです。
そもそも落合監督が不人気で観客が減ったというよりは、
プロ野球そのものの人気が落ちてきているので、
ある程度の減ってしまうのは仕方ないと思うんですよね。

それで、もし来年高木監督のもとでチームが惨敗するようなことになれば、
ここ2~3年の観客数よりもっとひどくなるんじゃないかな~と。

もし、球団が
監督の交代・生え抜きの若手起用・OBの組閣・山崎の復帰
これで人気が回復すると考えているなら、それはやはり考えが甘いなと思いますねぇ。

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。