スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかえり憲伸!

2012年01月28日
こんばんは。うにです。


本日、夕方頃でしたか、
昨シーズンまで米大リーグのアトランタブレーブスに所属していた川上憲伸投手の中日ドラゴンズ復帰が発表されました。
背番号は以前所属していた時と同じ11番。
11番を明け渡すことになる岡田投手はちとかわいそうですが、
まぁ、チェンが付けていた21番を継承するそうで、
左投げの投手ですし、案外こっちの方がしっくりくるかもですね。


それにしても、
キャンプイン直前のこの時期に、こんなに嬉しい補強があるとは夢にも思いませんでしたね。
一度は中日を出たとはいえ、
元エースですし、私個人としてはかなり好きな投手でしたので。


実を言うと、
川上投手が日本球界に復帰しそうなのは少し前から知っていました。
しかし、その時の情報ではどうも獲得に乗り出していたのは日本ハムのようで、


(他のチームのユニフォームを着てしまうのかぁ~・・・。)


と、その時は残念がったものですが、
ここへきて、まさかまさかの古巣復帰の報。
そりゃ~、ビックリしますよw


色々情報を集めてみると、
どうも、川上投手が古巣復帰を希望したそうで、
以前所属していた球団でもう一度プレーしたいと思ってくれることは、
1ファンとしてはもの凄く嬉しいですね。


まぁ、嬉しいのは別として、
戦力的な面で見るとどうか。


あまり詳しい情報は存じませんが、
メジャーでは肩を痛めていたそうで、
昨年などは、まともなシーズンを送れなかった模様。


日本を出る直前でさえ、かなり衰えが見えていましたから、
統一球で投手有利になったとは言え、

「現実的に日本で再び通用するかと言えばどうだろうか・・・。」
「少なくとも、力でねじ伏せる以前の投球スタイルは無理だろう。」


というのが大方の見方だろうと思います。


けど、岩瀬や平井のように、
急速が出なくなっても、抑える投手というのは山ほどいるわけで、
私としては、そこら辺は克服して、
きっと戦力になってくれると信じております。


ところで、今現在の段階で先発ローテ入りがほぼ決まっているのは、吉見・ネルソン・ソトの3人。
高木監督は山本昌を開幕投手に指名したとか何とか言ってるので、
心変わりでもしない限り、4人は決まったようなものでしょうか。


川上の場合は、間違いなく先発要員でしょうから、
残りの2枠程度を実力で勝ち取っていかなければなりません。
山井、川井、朝倉、中田、山内、岩田、小笠原その他諸諸々。
こうやって面々を見てみると、やはりそう簡単ではないなというのが分かりますね。
肩の状態もありますし。


まぁ、まだ詳しい情報はほとんど分かりませんし、
ひとまずはドラゴンズ復帰を喜びたいと思います
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。