スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒井忠次撃破

2012年03月19日
こんばんは。うにです。


昨日、桶狭間の酒井忠次で64↑仏門募集が出ていたので参加してきました
桶狭間のボスと戦うのは自身初です。


こちらの構成は、鎧士/暗道/雅/医(党首)仏の回復2枚構成。
今までであれば、この構成だと冥護メインのサブ回復といった立ち回りになるわけですが、
鳳凰からは神職に二者詠唱が実装されたことにより、蓮華メインで行動できるようになりました。
これからは、この日の様に回復2という構成も増えてきそうですね。


で、敵の構成。
薬 陰 陰 鍛 鍛 僧
例のタックル鍛冶に星持ち陰陽が2体と、なかなか盾役泣かせな敵。
盾への負担を考慮して、2→3→1の順で狙うことに。


今回は、詠唱枠が雅楽さんということで大音響戦法をとりました。
1の酒井は全体に生命&気合継続回復状態にする技【酒井の陣太鼓】を開幕速攻で使ってくるので、
私の動きとしては、開幕はまず全体喝破
音響明けは沈霧対策で後光
それ以後は、詠唱をもらって回復行動をしつつ
なるべく後光を切らさないよう適度に挟む、という感じ。


んで、1戦目。
2を落とすところまではいけたんですが、
その後、大日や完全を通してしまいジリ貧で負け
回復2枚構成ということで、安定度は上がったものの
術を見れる人が少ないので、どうしても暗殺さんの負担が大きくなってしまいますね。


ということで、作戦を変更し6の僧から狙うことに。
結果的にはこれがよかったかもですね。
1の酒井は薬師ですが、回復も蘇生も使ってこないので、
6さえ落とせば、あとは確実に敵の生命を削っていくだけですし。


途中危ない場面がありつつも、6→2→3→1→5→4で2戦目で撃破。
なんとか勝つことができてよかったです。


勝敗のポイントとしては、ありきたりになりますが
「いかに早く敵の数を減らせるか」
そして、「6の大日や完全に対応できるか」
この2点ですね。


7人がそれぞれ自分の仕事をきっちりこなし、そして事前の打ち合わせをしっかりしておけば
それほど苦にするようなボスではないと思います。
少なくとも、私個人の感想としてはそんなに強い印象は持ちませんでした。
まだ、小田原の幸村や関ヶ原の島左近、時の狭間の邪神政宗とかのが強いイメージ。


で、


酒井忠次討取りの証

恒例の報酬タイム。

酒井の神秘

研磨するまでもない残念な石でしたが、
この神秘自体はサブステもしっかり付いてますし、
アタリを引けばかなり使えそうですね。


家臣団の育成や桶狭間のボスなど、
個人的にかなり鳳凰の章に出遅れた感じがしますが、
ぼちぼち、色々と手をつけていきたいですね
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。