スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桶狭間の服部半蔵

2012年06月20日
こんばんは。うにです。


一つ前の記事と同じく、日曜日での話になります。
ちょうど島津義弘を倒した直後ぐらいですね。


ボケ~っとを眺めてみたら、


桶狭間の服部半蔵 63↑仏門


という募集がありまして、
ちょっと行ってみたい気もあったんですが、
義弘の後で疲れてたので、生産でもして一回落ちようと思ったんです。
(その間、ずっと2アカで組んでます。)


そしたら、その党首さんから直接対話が来まして、
「それなら!」と思い参加してきました。
義弘同様、こちらも初挑戦です。


しかし、まさか徒党組んでる状態で対話くるとは思わなかったな
長いこと募集してたようですから、特化絞って片っ端から対話してたんでしょうねw


ちなみに、この党首さんは
破天時代に何度も組んだことがあり、またここ最近でもお世話になる機会があったので、
このブログでも何回か記事にしてます。
(この辺の記事が該当するかな)





で、ダンジョンに入って移動開始。
そういえばスタート地点が他と違って戸惑いましたけど、
ボス試練は大体この場所からなんですよね、たしか。
雑魚狩り試練と違って、赤敵が多く移動も慎重にならざるを得ませんね


さて、こちらの構成。
鎧刀士/芸/雅/医仏で、盾3枚に回復2という超防御重視な徒党でした。
(党首は芸医の2アカ、外に転生役で僧も)


義弘の時と同様ですが、全然強いとは感じませんでした。
4→5→6→7→2→3→1で余裕の一発クリア。危ない場面はまったくなかったですね


私、桶ボスとほとんど戦ったことないので分からないんですが、
もらえる家臣団手形が桶ボス中一番多いようですし、そこそこ強い方なんですよね?
その割には・・・、って感じの強さでした。
まぁ、盾が堅かったのもあるかもしれませんし、
安定度を上げるために盾3回復2で臨んでるわけですしね


しかし、この難易度で神秘は政宗や義弘と一緒。
指輪は最高級ともなれば、
もう毎週やってもいいぐらいw


しかも、仏門募集は比較的多いですしね


そういや、この日もそうですが、
最近党員募集してる人から、こちらがも何も出してないのに、対話もらうことが多いです。
鳳凰技能は微妙でも、やっぱり冥護は重宝されてるということでしょうか


それはそれで嬉しいですが、逆に言うと鳳凰技能を期待されての勧誘でないのは残念。
やっぱりテコ入れしてほしいのが本音なんです。(千手とかねw)
まぁ、それも当分なさそうかしら




どうでもいい話を一つ。


服部半蔵っていうと、一般的には忍者のイメージがあると思いますが、
実はこの人忍者じゃありませんw
徳川家が雇っていた伊賀忍者を統率する立場にあっただけで、
服部正成というれっきとした武士です。


なので、
よくある黒い頭巾に鎖帷子姿で、手裏剣や苦内を投げ、
闇に乗じて天誅!・・・というよう忍者像は彼には当てはまりません。
後世の人の勝手なイメージです


彼に限らず、後世の人のイメージが
そのまま一般化してるという例は意外と多いんですよね。
史実とは違う形で伝えられてしまってるのは、少し可哀相な気がします
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。