スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イザナミ撃破(凶禍千引洞穴)

2014年03月31日
こんばんは。うにです。


一つ前の記事の続きみたいなものですが、
若雷撃破後に今度はイザナミに挑戦してきました


こちらもザコを数戦しないといけないのは変わりませんが、
その後もボスのイザナミと戦うために何戦かすることになります。


Nol14032904.jpg


まずは、この葡萄拾い
青ネームではあるものの、ほかのザコと同様で大したことはないです。

Nol14032909.jpg

倒すと、清浄な蒲子というのが手に入ります。
この次に戦うことになるヨモツシコメを弱体させるアイテムのようですが、
このヨモツシコメも正直大したことありませんので、
この日は弱体アイテムを使うことなく倒しました。

Nol14033000.jpg

んで、この後徒党としては二択を迫られます。
千引のマップが頭に入っている方は分かるかと思いますが、
若雷の場所から少し進むと道が分岐しますよね。


今回のダンジョンではこの分岐に意味があって、
片方は3体の青Nが配置されており、順番に倒すことでイザナミまで開通。
もう片方は赤Nが多数配置されているものの、強行で突っ切れば
一度も敵と戦うことなくイザナミと戦闘可能。


一発で倒す自信があるような徒党なら赤Nを避けるのもアリだし、
確実に行きたいなら青Nを倒すのが無難です。
ちなみに、私たちは後者を選択しました。


青N3体
それぞれ黄泉の石砕き、黄泉の牢番、黄泉の縄切りに関しては特筆すべき点はありません。
若雷が倒せる様な徒党であれば問題なく撃破できるはずです。


問題はイザナミ


この日は結構負けた末の勝利だったわけですが、
こちらも1イザナミ、2伏雷、3大雷と豪華な顔ぶれとなっています。
同じように固定技能を連発してくるので、
回復が間に合わず壊滅することも。


特に大雷の3体間接物理攻撃は、後衛だと7,000前後のダメージを受けるため、
他の特殊と重なると簡単に死にます。
まぁ、青N3体倒しておけば死んでも入口からすぐワープできるので、
死に走りは可能なんですケド


この日は盾1構成(鎧古修芸術法演)でしたので、
私の動きとしては、序盤に奥義を使い、
そのままの流れで士気を使うこと。


あとは味方のアタが敵の数を減らしてくれるまで、ひたすら耐える
という戦い方ですね。


標的固定に行っても、我身鍛造とかだと
せいぜい2体ぐらいしか釣れないので、
奥義は尽力衛守防戦の極致の守護頼み戦法がいいと思います。
2だけは単体術攻撃があるので、気迫罵倒で釣る感じで。


Nol14033001.jpg


とりあえずは辛くも勝利することができました


よくよく考えると、最初の方に戦った葡萄拾いなどは
必須ではないようですし、弱体アイテム必要なかったらスルーでいいのかもですね。


攻略の最短手順は、
ザコ数戦→ヨモツシコメ→イザナミ
といったところでしょうか。


残念ながらこの日は
かかった時間に見合う報酬ではありませんでした。
新しい軍神とか欲しかったなぁ
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。