スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛利元秋にリベンジ

2014年04月06日
こんばんは。うにです。


先日、初めて月山富田城攻めを行い
通常試練3でコテンパンにやられたわけですが、
昨日、ようやくリベンジを果たしました
(参加キャラは仏門です)


Nol14040500.jpg

倒した順は3→2→適当→1。


こちらの構成は、刀士/芸法/仏密古の回復2枚構成です。


回復を増やしたというよりは、
2の必殺の位(全体3色呪詛)対策ですね。
もう知ってる方も多いと思いますが、
必殺の位の直後に使ってくる四刃殺法は元々のダメージ(全体術+単体物理)に加え、
こちらの呪詛数×1000の追加ダメージを与えてきます。
なので、解呪の枚数を増やしたと言った方が正しいかもしれません。


2の必殺の位を使ってくるのを確認したら、
全体解呪・全体蓮華・詠唱・痺れ・孔雀等をうまく連携して被害を最小限に抑えつつ、
芸が3を倒すまではひたすら粘るという戦い方。


法はsと看破がメイン、
密もいろいろとやることが多く実質アタ1枚でしたので、
時間はかかりましたがなんとか勝つことができました


Nol14040501.jpg

Nol14040502.jpg

Nol14040503.jpg

報酬に関してですが、
腕貫にしても神秘にしても、
これまでの通常試練3で入手できていたものと比較すると
かなりの高性能なものとなっています。
難易度相応の報酬と言っていいと思いますね。


強力な相手なので、毎週行くにはなかなか敷居の高いボスですが、
うまくいけば一気に装備強化が狙えますね。


とりあえず仏門ではクリアできましたので、
鎧鍛冶でもクリアしたいところです
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。