スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信onでの一番の知人

2014年05月21日
こんばんは。うにです。


私は信onにログインした際、
必ず一番最初にすることがあります。


それは、知人欄を見てある知人がログインしていないかどうかを確認すること。
これだけは今も昔も変わらず、ずっとやっていることです。


そして、お察しだと思いますがこの知人はしばらくログインしていません。
「そろそろ復帰してくれるかな」という期待を抱きつつ、
「やっぱりログインしていないな・・・。」と落胆すること。
これが私の信onでの一日のスタートです。


今日はこの知人について記事を書いてみようと思います。

★------------------------------★


私とこの知人(以後、Kさんとします)と出会ったのは9年以上前。
私の1stキャラである仏門僧がまだLv10そこそこの時。


即ち、信onを初めてすぐの頃です。


泣き草狩り徒党で一緒になり、その次の日に偶然稲葉山の機織で生産しているところを見かけたので、
私から声をかけたのが始まりでした。
彼は私にとって信onを始めて3番目にできた知人でした。


1番目にできた知人はFF11から気晴らしにきた体験アカウントの方で
親しくなりつつも、すぐに辞めてしまわれた。
2番目にできた知人は、どうしても性格の不一致を私の方が感じてしまい、
最初のうちは交流はありつつも、だんだんと疎遠になった。


そんな中でできた3番目の知人。


このKさんこそが、私の長い信onライフの中で最も親しい知人です。


Kさんも同じ1stキャラで、レベル帯も一緒でしたから、
おそらくほぼ同時期に信onを始められた方なんだと思います。
お互い1stキャラ同士ということですぐに親しくなりました。


チャットで話したことや、一緒に狩りに出かけたことは数えきれないぐらいあり、
私にとっては非常に大きな存在でした。


親しくはなりつつも、彼と私ではキャラの成長スピードに差がありました。


過去の昔話記事でも少し書いていますが、
当時もっとも誘われにくい職であった僧を1stキャラに選んだこともあり、
また消極的な性格でソロや少人数狩りばかりしていた私は成長も非常にゆったりペース。


逆にKさんは、2ndキャラの侍が半月でLv50に達するほどのプレイスタイル。


そして、信onを始めて1年が経つ頃には
彼は当時のカンストレベルでもある60に達しているキャラもいる中で、
私の1st僧はまだレベル38という現実。


この頃になると、
「自分はオンラインゲームには向いていない」と感じ始めており、
引退という選択肢もちらほら頭の中にはありました。


それでも、「手伝いでもなんでもするからもう少し頑張ろうよ」Kさんに慰留され、
私もその思いに答えようと頑張った結果、
破天の終わりぐらいにようやく彼にレベルの上で追いつくことができました。


この間、いったいどのぐらいお世話になったことか。
経験狩り、楮・雁皮集め、荷物移動、昇進試験。
始めて黒雷を突破した時もKさんが居ました。
始めて鎧剛鬼を突破した時もKさんが居ました。


今度は私がKさんの手助けをしたい。
そう思っていた矢先、争覇になりしばらくして彼は課金を止めました。
この時はもう一人仲の良かったAさん(こちらの記事)も居なくなり、
しばらくは本当に一人ぼっちの信onライフでした。
私の方も課金を止めた時期もあります。


その後、Kさんは新星実装の半年ぐらい前に戻ってきて、
新星直前には、当時先行して一門が実装されている中
どの一門にも所属していなかった私を武田の白桔梗一門に誘ってくれました。


新星スタートしてしばらくすると、また彼は課金停止してしまいます。
前回争覇で長い期間課金停止していたこともあり、
この時はもう二度と話す機会もないんだろうなと思っていましたが、
新星半ばで戻ってきてくれました。
やっぱり嬉しかったですね。


この時になると私の方が信onプレイヤーとしては
変な言い方ですが完全に上位でしたから、
逆に私の方が色々お手伝いしたり、党首していろんなところへ誘ったりしました。


私の一人一門にもキャラを置いてくれましたし、
白桔梗一門の次に所属した反撃死乙隊一門にも入ってくれました。


この復帰期間はおよそ半年ほどでした。
ある時、鳳凰の章の実装が迫っている時期に一緒に人取pt狩りを行った際、
私がリアルの方でちょうど結婚を控えていた時期でして、
Kさんに相談に乗ってもらったりしたのですが、
この時の人取狩りがKさんと話した最後の機会となりました。


この後、また課金停止してしまい、
それ以後は話す機会もなく今に至ります。


もしかしたら、鳳凰の私が課金停止していた期間に復帰していた可能性もありますが、
残念ながら知るすべはありません。

★------------------------------★

私が今信onを続けているのは、
Kさんという存在があったからこそ。
彼が居なければここまで続けられていなかった。


だからこそ、彼が復帰したらどんな手助けでもする。
今でもその思いは強いです。


もう信on自体が末期状態の現状、
復帰する可能性は正直薄いと思っています。


それでも、


これからも同じように、知人欄をチェックしていこうと思ってます。
いつか復帰してくれることを信じて。
スポンサーサイト
Comment
悲しいですね(T-T)
私の場合は7年半ずっと一緒にいて、毎日徒党組んで色々無茶したり、会話だけで何時間も過ごしたりした知人がいました。
ある日、話があるんだけど、と言われ、どうしたの?と言ったところ言葉返ってくるまでずいぶん間がありました。その時かなり解り合えた知人だったので、なんとなく心によぎりました。やはり予想通り、引退しようと思う、という一言が返ってきました。その時頭の中が真っ白になりました。リアルもあるから仕方ないと思いつつも、気持ちを言葉で表せない悲しさと今までの思い出やら場面が次々出てきました。引き止めるとかは無く、そうか、わかった、と一言返しました。返ってきた言葉は、俺泣いてるし!今までありがとね、本当に楽しかったよ、絶対忘れないからね。またどこかで出会う事を信じて!と彼はログアウトして行きました。悲しくて悲しくて涙がとまりませんでした。ここでの別れがこれ程までつらいと思いもしませんでした。自分も引退を考えましたが、様々な思いを抱えつつも未だ現役続けています。
信オンは、ひとりひとり特別な思いがあり、その思いが人を引き付け受け継がれ繰り返していくものだと実感したりする今日このごろです。
Re: 悲しいですね(T-T)
> 山吹老舗忍者さん

読んでいて思わず目頭が熱くなってきましたe-443
非常につらい経験をされたのですね。

仲良くなればなるほど別れが辛くなる。
オンラインゲームを長くやっていれば
多かれ少なかれ、そういう辛い場面がありますよね。

> 信オンは、ひとりひとり特別な思いがあり(略)

自分も何度か信onを離れつつも、戻ってきた経緯があります。
仰るように、私にも特別な思いがあり、
何かしら惹きつけられるものがあるからこそ今も続けてるんだと思います。

非常に共感できる内容でしたm(_ _)m
おはようございます!

うにさん、山吹老舗忍者さんの内容に朝から目頭熱いです。

数年やってると誰もが経験しますよね。ほんとツライし悲しいですが引退を止めるすべがないのがほんとに切ないですけど、これからも残ってるメンバーで楽しみましょ( ´ ▽ ` )ノ
Re: タイトルなし
> 姫さん

見送る側としては寂しいですが、
辞めていく人の分まで楽しむことが大事ですよね。

心に空いた穴というのは、
そう簡単に埋まるものではないですが(´・ω・`)

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。