スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詠唱韻・極からの完全回復

2014年07月14日
こんばんは。うにです。


昨日、腕貫狙いで旧コンテンツである秀吉ダンジョンの賤ヶ岳へ行ってきまして、
前田利家や柴田勝家等の武将に初挑戦してきました


旧コンテンツとは言え、特に柴田勝家に関してはかなり苦戦しまして、
6の薬師の完全回復を通されること数度。


倒す直前になっては、振り出しに戻されるという歯がゆい状況に
幾度もなりました。


ちなみに、昨日の構成は
刀士/道暗密/雅仏で、私は仏と士の2アカ。


陰陽道のキャラは成長途上ということで、
正直火力は低め。


ひたすら固定砲台に徹してもらい、
暗殺の人に術止め・看破のサポをしてもらうのですが、
やはり全てに対応できるわけではないので、私の武士でもたまにサポ気味に動いたりもしましたが、
普段やらないことをやっても中々うまくいかないものですね。
我武者羅で何度か止めたりもしましたが、止めきれないことも多々。


昨日多かったケースとして、
または詠唱韻からの完全コンボ
これに尽きます。


6の準備を確認、
  ↓
我武者羅入力
  ↓
5が詠唱韻
  ↓
我武者羅ヒットで止まる
  ↓
暗殺さんが看破入力
  ↓
看破が間に合わずピヨり明け完全回復



このパターン。


準備なしで完全回復してくるのだけは
勘弁してちょーだいよという感じですねw


私は仏や鎧で稼動することが多いですから、
正直、術止めに関しては「4秒バーに痺れを当てればいいんでしょ」
ぐらいの認識しかありませんでしたが、
そんな簡単なものじゃないんですね。
非常に勉強になりました。


なるほど、沈黙が重宝される理由がよく分かった気がします。


とりあえず、一応は一発で勝てて
絵巻も埋まったのでめでたしめでたし


腕貫は出ませんでしたケド
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。